Moアイデア事務所はアイデアとマインドマップ&コーチングを通じ、皆さんの楽しい行動を支援します。自らの強みを見出し、アイデアフルな行動力を手に入れ、楽しい人生を歩みましょう!

「マインドマップで決める起業ネタ」 ワークショップのご案内

「マインドマップで決める起業ネタ」 ワークショップのご案内

「マインドマップで決める起業ネタ」 ワークショップのご案内です。

 

5月ですね。皆さんのお仕事の調子はいかがでしょうか?新しい期に入って、今期の課題・目標もはっきり定まり、忙しくなっている方も多いのではないでしょうか?あるいは、今期も相変わらずの仕事の内容でマンネリ気味、五月病の気配で、モチベーションが落ちてしまっているかたもいらっしゃるでしょうか?

いづれにしても、わくわくして仕事に取組み、夢や希望に向かって毎日過ごしていけるようになりたいものですね。

人生を楽しくいきるため、やるととても元気になれる魔法のような活動があります。

「週末起業」です。

自分が好きで時間がたつのも忘れてしまうこと、本気で取り組みたいと思う価値のある仕事、そんなことで収入を得るための活動を始めてみませんか?

実際週末起業に取り組んでいらっしゃる方は実は沢山います。かくいう私もその一人です。毎日の仕事に飽きたらず、自分の夢を達成するために週末起業に取り組んでいます。週末起業に取り組むことで、毎日が活力あふれて過ごすことができますし、自分の価値を高める努力を日々強く意識することができますので、実力がどんどんついていっているのが感じられます。

こんなメリットの大きい「週末起業」ですが、困ったことがあります。多くの人はその起業のネタをなににしていいかが直ぐにはわからないのです。私もそうでした。多くのサラリーマンは会社に与えられた範囲の、与えられた役割の仕事をいかにうまくやるか、といった思考で過ごしてきていますので、自分が本当になにがやりたくて、何をやるべきかがピンとこないのですね。

大丈夫です。週末起業ネタを決めるには、一定の手順があります。自分の才能を知り、キャッシュポイントにどのように変えていくのかを考えていけばよいのです。

しかし、一定の手順があるとはいえ、普段考えていないことが多いので、少し広く思考を広げる必要があります。

ここで、登場するのがマインドマップです。私はマインドマップの公認インストラクターですので、マインドマップが週末起業ネタを考えるのにとても適したツールであることが良く分かります。頭を自由に働かせ、自分が気づかなかった自分の才能を知り、普通に考えていたらとても時間がかかったであろう起業ネタのアイデアを1枚のマインドマップを描くことで思いつくことが出来ます。

このセミナーでは、思考のための便利なツール「マインドマップ」をまず使えるように身につけて頂きます。その上で一緒に起業ネタを探すワークを行っていきますので、ご自身にあった起業ネタの案を手にいれることが出来ます。

 

この講座に参加頂きたい方。

今の仕事に飽きたらず、新しい自分の活動で収入を得てみたい方。

週末起業を始めたいが、その為の起業ネタが良くわからない方。

 

この講座で得られること。

ご自身がワクワクして取り組むことができる週末起業のネタ。

マインドマップの使い方がわかり実際に描けるレベルになれる。

 

過去昨年2回この講座を行いましたが、ご参加いただいた方からはとても役にたったと好評を得ました。

今回は前回までの内容をさらにブラッシュアップして行いますので、きっと皆さまのお役にたつものと確信しています。

この講座は日本を代表する起業のための団体、週末起業フォーラムの認定講座となっています。

 

 

日時 : 2014/05/17(土) 12:45~16:45(12:30開場)

場所 : 板橋区企業活性化センター第3研修室

東京都板橋区舟渡1丁目13番10号 アイ・タワー2F

埼京線浮間舟渡駅から徒歩3分

 

価格 : 一般価格 12960円(税込)会員特価 8640円(税込)

会員特価でご利用いただくためには、週末起業フォーラムの会員になっていただく必要があります。

申込み方法 : お申込みは次のページからお願いします。

http://www.shumatsu.net/school/branding2.html

 

皆様のお会いできることを楽しみにしています。

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>