Moアイデア事務所はアイデアとマインドマップ&コーチングを通じ、皆さんの楽しい行動を支援します。自らの強みを見出し、アイデアフルな行動力を手に入れ、楽しい人生を歩みましょう!

コーチング習い始め

コーチング習い始め

コーチングはまだ、日本では馴染みが薄いですね。私もコーチングを初めて知ったのは2012年の9月。それ以前は言葉は知っていましたが、中身についての知識は全くなかった。

私は、設計製図の講師をやっています。その中で先輩講師から教えられたのが、ティーチングよりコーチングということ。設計製図という分野は、知識だけではものになりません。自らのスキルを上げるためには実際に書いてみるという技能の部分が求められます。設計製図には知識を身に付ける勉強というよりはスポーツのような体を使う技能の部分があるため、上達のためには辛抱強い繰り返しのトレーニングが必要になります。このため講師が自分のことをティーチングという教える役割だと考えてしまうと上手くいかない。生徒がやる気を持続し、一歩づつ上達するのを励まし、アドバイスしていくコーチのような気持ちが大事というわけです。

コーチングに興味をもった私は、いくつかのコーチングスクールで体験講座を受講し、その中でも一番しっくり感じたのが、銀座コーチングスクールでした。体験講座では、人の話を傾聴するという基本スキルのワークをしてもらったのですが、人に話を聞いてもらえることが、とても心をスッキリさせるという体験し、これはいい!と思い銀座コーチングスクールの受講を決めました。

 

すべてのコースを終え、認定試験を受けるまでの期間はあっというまでしたが、とにかく楽しかったですね。人と人が方向性をもって、会話していくとき頭の中では思いもしない発想がうまれ、新鮮な気持ちで行動に移して行けるという体験を何度もさせていただきました。

コーチングは、これからの日本に必要なスキルだと思います。大リストラ時代を経てすっかり、日本の企業は変わりました。雇用環境はそれまでの、家族主義から個人主義・成果主義に。行き過ぎた能力主義には精神的についていけない人達も多くいます。バタバタと倒れる若者達、目標を失った中高年、生き残りに必死の経営陣。コミュニケーションについての知識がないと成果主義の職場ではすさんだ人間関係におちいりがちです。結果、生産性もあがらず、社員のやる気もあがらず上手くいかないといった職場が多く見受けられます。

コーチングの技術を修得するには、やはり少し訓練が必要です。しかし、その原理やストラクチャー(構造)を知りるだけでも、考え方が大きく変わります。思考が柔軟になり世界が広がります。

私はそんなコーチングの技術を広めることに貢献していきたいと思います。

銀座コーチングスクール GCS認定コーチ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>