Moアイデア事務所はアイデアとマインドマップ&コーチングを通じ、皆さんの楽しい行動を支援します。自らの強みを見出し、アイデアフルな行動力を手に入れ、楽しい人生を歩みましょう!

小保方晴子さんの快挙のニュースを マインドマップ化

小保方晴子さんの快挙のニュースを マインドマップ化

小保方晴子さんがすごい快挙をなしとげたニュースをマインドマップ化

今朝の読売新聞より、

小保方晴子さん(30歳)がすごい快挙を成し遂げましたね。第三の万能細胞STAPを発見しました。この論文が正式に英科学誌「ネイチャー」の巻頭論文として掲載されます。

小久保さんはリケジョと称される女性研究者、早稲田大学卒業後高校時代から憧れていた再生医学の研究を開始。iPS細胞を作成した京都大学山中教授の講演を聞いて研究に打ち込む決意を固めたそうです。

アイデアが浮かんだのは08年に留学していた米ハーバード大学でのこと、共同研究を持ち掛けるもアメリカでは実績のない若手は相手にされなかったんだそうです。これを救ったのが、日本の理化学研究発生・再生科学総合研究センターの若山教授。これは米国に勝てる!と共同研究をはじめました。始めはネイチャー誌も「細胞生物学の歴史を愚弄している。」と相手にされなかったのものを、笹井副センター長らが支援、データーを解析しなおし昨年3月に論文を再投稿したところ見事掲載がきまりました。

STAP細胞とは刺激によって引き起こされた多用性の獲得という意味の英語stimulus-triggered-acquisition of pluripotency の略。従来のiPS細胞やES細胞に見られない特徴を備えていて、なんと最短2日で作製が可能。

すばらしい。

その若々しいアイデア、そのアイデアを研究に結びつけた行動力、そのアイデアを助けた日本のベテラン達。感動を覚えます。

これはマインドマップ化せねばと感じ、作成しました。

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>